TorresのLET'S留学ブログ

カナダ・バンクーバーの留学体験レポート

PGICの授業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はPGICの授業について紹介します!

PGICでは4週間で1セッション、基本的に1セッション毎に3種類のクラスを取ります。Morning Classを1つ、Afternoon Classを月水と火木に1つずつです。クラスのレベルは6つほどあり、初日のクラス分けテストの結果からどのクラスに入るか決められます。クラスのレベルを上げたい時は、進級テストを受けるか、3セッション同じレベルで勉強すると次のレベルに上がれるみたいです。僕は上から2つ目のUpper Intermediateのクラスでした。

Morning ClassにはPower Speaking Program(PSP)を取りました。PSPはスピーキングに特化したクラスで、日常会話よりアカデミックな会話を中心に、とにかくたくさん話すクラスです!生徒数は6〜8人ほどの少人数で、発言や質問できる機会がとても多いです。先生はマレーシア出身の先生で、知識がとても豊富で楽しい授業をしてくれました。1つ目のセッションのPSPでは、クラスメイトに韓国人が5人、スペイン人メキシコ人が1人ずついました♪
tumblr_n69by6QY001r1uowno1_r1_1280
授業は先生が決めたトピックや自分たちでアイデアを出して決めたトピックについて話し合います。まず2人一組になって話して、その後クラスで意見を交換するというような感じです。
IMG_600267339908700
話し合うトピックは社会問題などの難しいものばかりで、クリエイティブに考えないといけなかったです。
PSPでは英語の正確さaccuracyよりも流暢さfluencyを重視します。なので先生は細かな文法や前置詞などの誤りをあまり指摘しません。話し合うトピックについてのボキャブラリー、よく会話やディスカッションで使われるイディオムやフレーズ、どのようにディベートを進めていくかなどを重視します。
tumblr_n8ud8807pm1r1uowno4_1280
PSPでは他にもプレゼンテーションやグループプロジェクトなど授業内容のバリエーションが豊富だったので、毎日同じで飽きちゃうなんてこともなかったです。このクラスはスピーキングが苦手な僕にとても合っているクラスでした♪

Afternoon Classは種類がたくさんあって、たしか20種類ほどあったと思います。僕は2セッションPGICで勉強したので、4種類のAfternoon Classを受けました。Power Listening, English Movie, Thinking Skill, Discussion Skillの4つを受けました。この中で1番好きだったのはEnglish Movieです。このクラスでは映画を観ながらリスニングの強化、スラングなどのボキャブラリーがどんな場面で使われるのかを勉強します。1セッションでSchool of RockとForrest Gumpという映画を観ました♪どの映画を観るのかは毎回違うみたいです。映画を楽しみながら英語を勉強できたのでとてもよかったです☆


▲ ページトップへ