TorresのLET'S留学ブログ

カナダ・バンクーバーの留学体験レポート

バンクーバーの町について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンクーバーは2010年に冬季オリンピックが開催されて今やほとんどの人が名前を知っている有名な町です。今回はそのバンクーバーという町について紹介したいと思います!

バンクーバーは西海岸にある湾岸都市で、世界の住みやすい都市ランキングに毎年上位にランクインしているそうです。ダウンタウンには近代的なビルがたくさんある中にきれいな公園があり、またダウンタウンは半島になっているのでビーチがすぐ近くにあります!

DSC_1127~01

 

ダウンタウンにはオリンピックの聖火台がそのまま残っていて近くで見られるようになっています。普段は火は灯っていないですが、大きなイベントがある日には点火されるそうです!

IMG_20140628_184402

バンクーバー中心部で僕が1番好きな場所はVancouver Central Publuc Library です。外観がとてもユニークで、古代ローマのコロッセウムのような建物。エントランスにはカフェがあったり、誰でも中に入れるので、勉強しによく行きました。DSC_1125

5月中旬から7月中旬まで滞在していたのですが、バンクーバーの気候はとても快適でした。最初の4週間はまだ寒かったです、特に朝晩。シャワーの時は寒いです、湯船にお湯を貯めてということはできないので。でも7月頃はだんだん暖かくなってきて、たまに暑い日もありました。暑い日でも最高気温は25度ほど、しかも湿度が低いので快適でした!

滞在していたホームステイはダウンタウンから電車とバスで50分ほど離れたRichmondという町にありました。Richmondは中国からの移民が人口の半分ほどを占める町です。ほとんどが住宅街なのでとても静かで、道が碁盤の目のようにきっちり整理され街路樹がたくさん植えられているきれいな町です!DSC_1124

バンクーバーの公共交通機関はオリンピックが開催されたこともあってか便利です。料金はゾーン制で、1つの切符で1時間半の間バスと電車に乗り継ぎできるので、交通費は日本に比べて安いと思います。1ゾーンで$2.75、僕のホームステイは学校から2ゾーンでしたがそれでも$4ほどでした。


▲ ページトップへ