NatsukiのLET'S留学ブログ

バンクーバーのCETの留学体験レポート

もう一つの家族(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私もホストファミリーは中国人でした。もちろんカナディアンなので英語はペラペラ。

そして小さい子供3人と赤ちゃんがいたので、笑い声が部屋中に響き(もちろん泣き声のときも笑)毎日が賑やかでした。5歳の女の子がかわいい声で何度も私の名前を呼んでくるので、私は毎日胸キュン状態でした。しかし、彼女の英語がとても流暢なので最初は複雑な気持ちになるときもありましたが、彼女は立派な私の英語の先生でした(笑)

 

ブラジル人のルームメイトが一人いました。私と彼女は1階にある部屋を使い、2階はごはんを食べたり、子供と遊んだりするリビングルーム、そして3階はホストファミリーの寝室でした。私の部屋はとにかくきれいでデカかった!!!広いベッドのおかげで床に落下することもなく、また勉強机や紙も用意されていました。

IMG_5475

 

毎週日曜日に、教会に連れて行ってもらい、そこでもまた新しい出会いがありました。

IMG_5478

学校に行ったり、週末友達と出かけ、家に帰ってくると必ずホストマザーが”今日はどんな1日だった?”と聞いてくれ、その日あった出来事や友達の話などを話すのが日課であり、私の楽しみの一つでした。楽しかったことだけでなく、大変だったこと、どうすべきかわからないことも話したり相談に乗ってもらいました。

国籍も習慣も全く違う家族と一緒に住むということは、簡単なことでありません。私のホストファミリーは子供が4人いるということで、忙しそうだから今話しかけるのはやめようと思っていると、コミュニケーションをとる機会を失います。忙しそうだから話しかけるのをやめるのではなく、なにか手伝うことはないか聞いたりして、受け身でなく積極的にコミュニケーションをとろうという姿勢が1番大切だと気付きました。様々な家族がいるということは、それなりに様々な良い面、自分には合わない面がもちろんあると思います。しかし、それをどうやってベストなものにしていくかは結局は自分次第なのかなと思いました。

 

私はこの家族と2か月間過ごし、習慣の違いだけでなくたくさん学ぶことができました。そして、毎日子供たちの笑顔に囲まれて幸せでした(#^.^#)

IMG_6828

 


▲ ページトップへ