mamikoのLET'S留学ブログ

バンクーバーのCETの留学体験レポート

ホストファミリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ホームステイ先の話をします。私のホストファミリーはインド人で、父、母、娘、息子の4人家族です。しかし、娘さんと息子さんはもう結婚されていたので、一緒に過ごしたのはホストファザー、ホストマザーでした。また、私の他にもルームメイトにスペイン人の子がいました。ホストファミリー

〇食事

朝:朝はセルフなので、私は起きたらシリアルを食べ、牛乳を飲みました。週末だけホストマザーが朝ごはんを作ってくれました。

昼:お昼は、ホストマザーが作ってくれたランチを持っていきました。ランチ内容は、サンドイッチ、ケーキ(あるいはマフィン)、バナナ、ジュースでした。いつもこの紙袋に入れて持っていきました。

お昼後は

夜:夜ご飯は、ハンバーガーやスパゲッティ、ピザ、ステーキやご飯にパプリカお肉の炒め物がのっているものなどが出ました。どの食事もとてもおいしかったです。ただ、日本食に比べて、少し脂っこいものが多かったです。

〇ホストファミリーとの過ごし方

夜ご飯のあとに今日あったことを話したりしました。また、ホストマザーがホッケーが大好きなので、一緒にテレビの前でホッケーを見て、カナックス(バンクーバーのホッケーチーム)を応援しました。

ホストファミリーとの一番の思い出は、私が友達と遊んで帰ってきて、話していたことです。いつものように、今日あったことを話したあと、日本との文化の違いについて沢山話しました。そこで私は、ハグの重要性を学び、日本にその習慣がないなら、新たに自分で作ってしまえばいいということを学びました。この話をしてから、ホストマザーはいつも帰ってきてから必ずハグをしてくれるようになりました。

はぐ

 


▲ ページトップへ