LizzyのLET'S留学ブログ

アメリカのTALK School of Languages(サンフランシスコ校)の留学体験レポート

#04 Life in dorm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★人生初の寮生活

私は日本でも一人暮らしや、寮で暮らすということをしたことがありませんでした。すなわち、この留学での寮生活が人生初の寮生活!家族以外の人と同じ屋根の下で暮らすということに、緊張と不安と期待でいっぱいでした。

Anyway…

私が4週間暮らしていた寮、New Hallはこちらです。

羽のように広がった構造をしており、この寮の半分以上はNDNUの学生さんが暮らしています。また、TALKのオフィスも同じ建物内にあります。

私の部屋は↑4枚目の写真2階部分の手前側の部屋でした。

部屋のカギはカードキーになっており、入口の扉と中の個々の部屋の扉はそれで開閉します。

オートロックになっているので、鍵を部屋に忘れたまま外に出てしまうと、セキュリティーまで行って開けてもらうようお願いしなくてはならないので要注意。私も一回やらかしました。笑

 

1つの部屋には4つの個室があり、それぞれに必要な家具が備え付けられています。

写真には写っていないのですが、小さいタンスと個室の外にはクローゼットがあるので収納力はばっちりです。

一部屋は4人部屋ですが、このように一人一人個室となっているので、とても過ごしやすかったです。

共同のバスルームはこちら。

誰かのシャワー中にトイレに行きにくいのが少し困るところ…かな?

洗面台は2部屋に1つずつあり、個室を出てすぐのところにあるので、便利でした。

週に1階、部屋の共同部分はお掃除のスタッフの方が来て、お掃除してくれます。ですが、それぞれの個室はお掃除されないので、自分の部屋は自分で掃除する必要があります。私は使い捨てのお掃除シートでこまめに床掃除しておりました。笑

また、寮では微弱ながらNDNUのWi-Fiが飛んでいるので、iPhoneなどの機器を利用することが出来ます。また、有線でのインターネットも可能です。が、接続する場所がベットの下というとんでもない場所にあるので、ケーブルは3m以上あるものを持参していくことをお勧めします。実際、私は日本から90cmのものしか持っていかなかったので、ケーブルを買う羽目になりました\(^o^)/

また洗濯は共同のランドリールームがあるので、ランドリーカードを$5で購入し、それにお金をチャージして洗濯機と乾燥機を使います。New Hallに住んでいる学生みんなが利用するので、混雑しているときは、洗濯物が外に出されてしまっていることも…。さすがアメリカ…。

 

こんな寮で4週間暮らしていたわけなのですが、一つ残念なことが…。ルームメイトがその半分以上いなかったのです\(^o^)/

始め、到着した時には向かい側の個室に暮らしている人が居るようだったのですが、その人はその週の木曜日の夜まで戻ってこず、会ったのは彼女が寮を発つ当日でした。なのでほぼ会話もできず…(´・ω・`)ちなみに彼女はブラジルの方でした。

そしてその次の一週間はno roommateで過ごし、その次の週にようやく1人日本人の方がいらっしゃったのですが、彼女もたった一週間で寮を離れてしまい、結局最後はまた一人で暮らすことに…。

共同生活に不安があった分、一人の暮らしはよかったのですが、上のフロアの同じTALKに通うみんながワイワイと仲良く暮らしていただけに、少し寂しかったです。。。

 

★寮生活での食事

NDNU内での食事は基本的にカフェテリアを利用していました。

朝のカフェテリア。朝はあまり人が居ませんが、ランチとディナーは学生さんで大賑わいです。(写真無くてごめんなさい\(^o^)/)

カフェテリアはブレックファースト、ランチ、ディナーとそれぞれメインのメニューが変わり、サラダバーやフルーツバーもあるのでとってもヘルシーでおいしい食事が楽しめます。

現金での支払いも可能ですが、TALK studentのIDカードにお金を入れて、カードで支払いをすると税金がかからずお得に食事が食べられます。

頼む量にもよりますが、朝食でだいたい$5程度、ランチ$6~10、ディナー$8~13くらいなので、学外で食事をとるよりもお財布に優しいです。(外食だと+$5以上はかかります…)

メニュー例♪

お気に入りだったブレックファーストメニューのオムレツ♪右は土日のブランチメニュー。

オムレツは中にチーズやマッシュルーム、ベーコンといった好きな具を入れてもらえます。

左はランチ、右はディナー。

カフェテリア内で食べるだけでなく、すべてのメニューを持ち帰り用のBOXに入れて持って帰ることもできます。

ベジタリアン向けのメニューが野菜たっぷりでヘルシーだったのでお気に入りでした。

そういうメニューがあるのもアメリカならではだなぁと思いました。

と、わたしはかなりカフェテリアがお気に入りで、外出してもカフェテリアが閉まる前に帰寮し、カフェテリアで食事を調達していました。確かに、多少個性的な味のするものもありましたが、私にはすべて美味しく感じられたので日本で暮らすよりも野菜がいっぱい食べられる食生活に大満足でした。

ちなみに、New Hallの3階に共同で使えるキッチンがあるので、そこで自炊している人たちもいましたよ(´∀`)

カフェテリアでも、自炊でも好きにできるところも魅力的ですよね。


▲ ページトップへ