KristinaのLET'S留学ブログ

Anglo Continental(イギリス)短期留学体験記

Amazing Weekends:)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週末は大忙しでした♪(笑)

だって、せっかくイギリスに来たからには満喫しなくちゃ☆半年や一年滞在する人なら土日を家で過ごすのも驚きませんが、1-4週間しかいない人は週末は外出するべきです!学校のReceptionに行けば5分くらいでツアーが予約できちゃいますし、なにより安いんです。(笑) 参考までに値段を書いておきましたが、ドイツ&ベルギー(3日間)のツアーがホテルも付いて約25000円。日本の国内旅行より安かったりして!?(笑)行くしかないですよ!

1週間目:London!!!(£26)

金曜日、レッスンが終わるとすぐにバスに乗り込みLondonへ!Londonに母の友達が住んでいるので、泊まらせてもらえることになり、Excurtionなどではなく、バスのチケットだけを購入していきました。他の休日は他のところに行けるように、Londonを一回で満喫しようと、帰りのバスは月曜日の午後を予約し、ほぼ4日間確保しました。

金曜日のコース:Big Ben→Traffalgar square

       午後2時ごろに到着し、一気に中心街を観光してしまいました。家に着くと、「二階建ての赤いバスにも乗ったし、なんか全部見ちゃったー」って感じでした(笑)

image

土曜日のコース:Change of the Guards→The Mall→Green Park→The Tower of London & Tower Bridge。

     前夜,ミニ会議で念入りにプランをたてました(笑)
     衛兵交代は一時間前から待機していたので入退場する門の前のベストポジションをゲットできたのですが、逆に近すぎて…音楽がすごく迫力があって、厳かで、すごい素敵だったのですが、なんであそこまで有名なのかなーというのが素直な感想です。
     その後はロンドン塔で5時間過ごしたのですが、私のロンドン観光の中でナンバー1です!!!Beefeaterと呼ばれる下の写真に写っている方が案内してくれるのですが(毎一時間無料ツアーがあります)、私の回は大ベテランの方が担当してくれてジョーク交じりで話すのですごいおもしろかったです。ただ英語の難度は高めかもしれません。高校の世界史の授業で学習したイギリスの歴史が体感できました!!イギリス王室の宝石展では世界一大きいダイヤモンドが見れて、よろい展では、徳川将軍がイギリス王室に送ったかぶとまでありました!

 

imageimage

バッキンガム宮殿とロンドン塔でのツアーWith Beefeater:) 後ろに見えるのはTower Bridge

日曜日のコース:Hyde Park (The Speaker’s Corner)→Oxford Street→National Gallery→Shopping (souvenirs)

       誰でも好きなことについてスピーチをし、市民と意見交流できるという スピーカーズコーナーにすごく行きたかったのですが、いざ行ってみると意外と盛り上がりがなく、宗教についての話がほとんどで。。。
       National Galleryはルネッサンス期の人物画がほとんどでした。細かいところまですごくこだわっていて、なんでこんなに忠実に描けるのだろうと終始感動していました。終わりに近い部屋には印象派の作品が展示されていて、モネやゴッホの絵を近くで見ることができて感動しました!ピカソの絵もあったらしいのですが、知らなくて見れませんでした。早めに印象派の作品コーナーにいくのが良いかもしれません。
       お土産はどこのお店も品揃えも値段も一緒でした。そして、ロンドン土産がボーンマスにもありました。。。(笑)

imageimage

赤いポストは本当にどこにでもあります、だれも使わないのに。これまた不思議でした。(笑)

月曜日のコース:The British Museum→Camden Market

       大英博物館ではロゼッタストーンやミイラなど世界中から集まった品々がみれて興奮しました。でも多すぎて、どれを見るか選ぶのがすごく大変でした。ボランティアの方が無料のツアーを企画してくれているので、それに参加するのもいいと思います。ただ、内容のおもしろさはテーマと担当者によってかなり差が激しいかもしれません。
       Camden Marketと呼ばれるホストファミリーオススメのスポットに行ってみたのですが、ChanelやDiorなどのブランドをはじめ、マーケットのような場所もあり、バラエティ豊かでした。お昼にMeat Pieを食べたのですが、さくさく&ジューシーでロンドンのLunchのなかで一番おいしかったです!!

image はいポーズ☆

7時のバスでBournemouthへ! 4日間はさすがに長かったみたいで、「ロンドンは全部見た!!!」って自己満足して帰ってきました(笑) Harry PotterのアミューズメントパークとかSherlock Holmes記念館・Baker Streetとかも行ってみたいと思いますが!

★Oyster cardは必ず購入しましょう。日本のSuicaのようなものです。Londonはどこに行くにもTube(地下鉄)なので、ないと本当に困ります。デポジットが£5かかりますが、運賃が安くなり、チケットを購入する時間の節約になり、使い終わった後はデポジットを含む残高を返金してもらえるというメリットだらけです!!!

2週間目:土曜日―Bath (£26),日曜日―家でまったり(母の日)

     Bathまではバスで2時間。Erdi, Diana, Nicole, Saraの5人で行ってきました!土日出かける場合、ホストファミリーは私たちにお昼ご飯をくれることになっているらしく、サンドイッチやらフルーツやらポテトチップスなどのスナックやらをたくさんもらっちゃっいました。他の人ももらっていたので、1時間のツアーのあとは、みんなで公園でピクニックをしました。天気もすごい良くてこれだけでもBatheに来てよかったと思いました。(Bournemoutheの公園は森みたいな感じなので笑)一人暮らしをしているSaraは「韓国のおすし」を作ってきてくれてすごくおいしかったです。ヨーロッパはサンドイッチ、日本はおにぎり、韓国はのり巻きだということが判明!笑
     残りのFree timeは文字通りFreeなアクティビティを求めて歩き回りました。テルマエ・ロマエを思い出させるようなRoman Bathに行ってみたかったのですが、入場料が・・・でも、温泉のようなスパとファッションミュージアムに行かなかったことは少し後悔しています。スパにいってみたい方は水着をお持ちください!
     Jane Austenの生まれた街で映画Pride & Prejudiceの撮影場所でもあったのですが、わたしは作品を呼んことがなく、Nicoleに馬鹿にされたので今読んでいます(笑)とーーーってもおもしろいのでおすすめです!!!

imageimage

     日曜日は11時くらいに起きた気がします(笑) 他の友達も言っていましたが、2週間目の土日は一番疲れがたまります。London郊外にあるThorne Parkというアミューズメントパークに誘われていたのですが、この日にツアーを予約しなくて本当に良かったです。その後はファミリーランチ(3時…)!レイチェルのいとこの手作りスコーンのおいしかったこと!!!ジャムとバターを塗る順番はどちらでもいいことが判明してびっくりしました。でも、アメリカでの家族の集まりの際のような盛り上がりはなく、ランチの後は、みんなティーを片手に庭でおしゃべりしていました。

3週間目:ドイツ(ケルン)&ベルギー(ブリュッセル)(£145)

     金曜日の午後8時に出発して、バスで4時間くらいかけて港まで行くとそこからはフェリーで2-3時間。到着する港はキールアーが一番の思い出です^^ヨーロッパ大好きだなとこころから思いました。裏話をすると、本当はすごくすごく行きたかったパリを満席であきらめざるを得ず、他のツアーであるAmsterdamは麻薬が怖いし、Scotland行くよりは他のヨーロッパの国に行ってみたいと思ってこのツアーを選んだのですが、こうなってよかったです!(友達にはそんなにパリに行きたいなら自分で予約して一人で行けばいいじゃんといわれたのですが、さすがに一人で知らない街に行くのは怖くて諦めたのもあります。)
     ケルンでは、ケルン大聖堂のてっぺんまで階段で533歩(!)歩いてくたくたになった後、チョコレートファクトリーに行ってきました。でも、チョコレートファクトリーはココア農家のつらい生活についてのパネル展とチョコレートのフィギュアが作られる過程から成り立っていて、見ていてちょっぴり疲れました。あまりオススメはできません。チョコレートを購入したい方はベルギーからの帰りに工場直売店に寄るのでそこがオススメです☆ケルンでのランチは焼きたてのタペストリーを、晩ご飯は純ドイツ風でソーセージとビールをいただきました。

IMG_0941imageimage

ケルン大聖堂の前で写真撮影しても大聖堂全部をショットの中に入れるのは無理なのでもう諦めました(笑) 夜も素敵でした。

imageimageimage

橋は恋人が二人で来てかけた鍵で埋め尽くされていました。パリにもあるので私はぜひ彼氏とパリに行ってかけてみたいです☆ 右の写真は白人と黒人の男の子が仲良く遊んでいたので、Martin Luther King Jr.の夢がかなってるなーと感動して撮ってしまいました。   imageimage

左の像はとっても有名なのですが、実際は角っこに小さくあるだけで、見つけたときの落胆(?)は行った人にしかわかりません(笑)

右の写真は行ったメンバー全員で撮りました。多すぎず少なすぎず、三日目の終わりごろにはとても仲良くなって、Bournemouthに戻った後も何度か会いました!!

4週間目:土曜日―Oxford,Windsor & Eton(£24),日曜日-日本へ(笑)

     Windsor Castleの入場料が£18…旅行代金は安くても入場料はありえないくらい高い…というわけでエリザベス2世の別荘には入場せず、ミニChange of the Guardsを外から拝見し、名門高校であるEton Collegeへ。すると関係者以外立ち入り禁止の看板が!え、せっかく来たのに…あれ、ここ裏門?立ち入り禁止なんて書いてないよ!?というわけでこっそり写真撮影成功(笑)内緒ですよ!
     Oxfordは大学=街でとても不思議な感じでした。Oxford Universityは卒業して仕事を見つけてから学費を払うという話が一番印象的でした。博物館などにも行って、素敵な時間だったのですが、個人的にはBathの雰囲気のほうが好きでした。ちなみにCambridgeの方が人気という話も聞きます(笑)ハリー・ポッターの映画の撮影場所を直接訪れることもできました!

imageimage

左の写真がEton Collegeです。頭よくなるかなー。  右の写真はハリーポッターの撮影場所です!わかりましたか??

休日はイギリスを知る絶好の機会だし、新しい友達を作るのにも適しています!!学校の友達と行くのも良し、あえて一人で行くのも良し!ツアーを予約するのも良し、自分でバスや飛行機のチケットとホテルを予約するのも良し!素敵な時間をお過ごしください^^


▲ ページトップへ