HiroのLET'S留学ブログ

アメリカのTALK School of Languages(サンフランシスコ校)の留学体験レポート

人生初!ドミトリー(寮)で友達と共同生活

ルームメイトと過ごす、貴重な経験!

僕のルームメイトはコロンビア人、韓国人、日本人でした。僕の場合は、たくさん英語を話したかったのでなるべく誰かといるようにしていました!ルームメイトと外出はもちろん、夜などにはみんなでポーカーなどをして交流していました。ルールの説明からゲームの進行まですべて英語なので、とても勉強になりました!また、同じ寮には大学の生徒も住んでいるので、友達になることもできました!ただ、ネイティブなので話すのが早くてコミュニケーションを取り合うのに少し苦労しましたが楽しかったです!勉強以外の面でも、他国の友達と一緒に生活することで、異文化を実感できるのですごく貴重な経験でした!!

寮なのにプライバシーの保たれた部屋!

寮での生活をしたことがなかったので、寮の部屋に対しては複数人で1つの部屋を共有し合うのだというイメージを持っていました。このイメージにより、荷物や生活について不安があったのですが、TALKの寮は4人で1部屋が与えられており、さらに4つの分室があるので1人1室が確保されています。さらにそれぞれの部屋にはカードキーロックのドアも付いており、プライバシーが守られています。また、このようなセキュリティシステムなため、荷物を盗まれたり侵入されたりというようなトラブルは起きませんでした。だから、安心して過ごすことができました!!

バスルームや洗面所などは共有

4人の共同スペースには、バスルーム1部屋、洗面所2箇所 が設けられています。バスルームはユニットタイプとなっており、日本人にはなれない部分があるかもしれません。僕のルームメイトは朝にシャワーを浴びるので朝のバスルームは順番で回していました。また、アメリカでは部屋でも靴を履くのでサンダルなどを持っていくか、購入すると便利だと思います。

 

ランドリールームについて

衣服は寮の一角に設けられているランドリールームで洗うことができます。洗濯機は1.35ドル、乾燥機は1.10ドルで利用可能ですが、洗剤はないので現地で購入するか持っていく必要があります。また、ランドリールームは同じ寮に住む大学の生徒も利用するので混む時があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生初!ドミトリー(寮)で友達と共同生活
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

▲ ページトップへ