AyakaのLET'S留学ブログ

アメリカのTALK School of Languages(ボストン校)の留学体験レポート

クラスメート

TALKは全体では30~40人ですが、最初にテストを受けそのレベル別に1~10まで分けられます。

国籍の割合は6割コロンビア人、2割日本人、残りの2割がトルコ・韓国・ブラジルといったほかの国で、ほとんどがコロンビア人でした。

私の友達もほとんどがコロンビア人だったのですが、スパニッシュなまりがあってけっこう聞き取りにくかったです。英語が聞き取りにくいという中で意思疎通させるのはとても大変でしたが、頑張って聞き取って意味が伝わった時はとてもうれしかったです笑。

↑ 私のクラスメートです♪

写真の13人中6人がコロンビア人です笑

私のクラスは15人くらいでしたが、みんなペラペラ話せて私はスムーズには話せなかったので私の感覚ではクラスメートと私の英語力は全然レベルが違うように感じました。文法を理解して文章を作ることはできるけどスムーズに話すことができないせいです。このホームステイで悩んだことは会話の返答でした。先生や友達の話は聞き取れて理解もできるのに返す言葉が見つからないというのはとても苦しかったです。

また、授業でレベル10の人たちと話す機会があったのですが、本当にレベルの違いを実感しました。レベル10の人たちは英語で冗談を言い合ったりふざけて喧嘩したりしていてほんとうにすごいと思い、私もそうなりたいと思いました。

また毎週金曜日には1週間習ったことのテストをします。でもその週に習ったことをきちんと復習しておけば大丈夫です笑

テストの後はTALKのメンバーみんなで1つのクラスに集まり、卒業証書を受け取りスピーチをするという卒業式をします。私が滞在していた期間にも7か月間の留学を終えたメンバーもいて、別れを惜しんでいました。卒業式の様子です。

卒業式のあとはみんなでダウンタウンに行って、レストランに行ってお別れ会をしました。

これは学校からダウンタウンに向かう電車なんですが、TALK shuttleになってしまいました笑 みんなTALKのメンバーです。

金曜日はテストの後みんなで遊びに行くのが楽しみでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - クラスメート
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

▲ ページトップへ