2016年7月~9月

UZ4b 中高生アメリカ・ユタ州セントジョージ現地校授業体験 #4

Time fries so fast…
いよいよUZ4b最後の伝言板となりました。
最後までどうぞお付き合いをよろしくお願い致します!

 

8/16(火)

現地校授業体験2日目です。
朝は8時に集合し15分からMs.Heidiのクラスが始まるのですが、host motherやfatherがこの学校で先生をしている方はいつも早く7:30頃には到着します。

朝は日中と比べると涼しいですが、それでも外で待っている間に焼けてしまいそうなぐらいに日差しは強いです。

image

 

今日のレッスンは、皆さんが好きなものについての発表、知っていると便利なIdiom(慣用句)、1分間スピーチ、そして息抜きにオレオゲームもしました。
スピーチを聞くと参加者の事がよく分かるので私の1番好きな時間でもあります。

“outdoor”でホストファミリーとキャンプに行き寝転がって1時間星を見た事、”friends”でバスケのチームメイト紹介、”shopping”でWalmart(アメリカの大型スーパー)に行って買ったお土産についてなど本当に様々な話をしてくれます。

 

自ら”Let me introduce…”とスピーチにふさわしい表現を使った時にはMs.Heidiも感心し、褒めてくれましたね!

imageimageimage

 

11:00過ぎに英語のレッスンを終え、そこからHigh school 組は車で5分程の距離にある学校へと移動しました。
現地校のバディと時間が少しずれている為ランチは参加者同士で食べておりますが、Middle schoolと同じくピザやサンドイッチなどいかにもアメリカンなお食事を楽しんでいただけたかと思います。

 

image

imageimage
そしてバディがいるchoir(聖歌)の教室へ向かいます。

参加者のバディはこのクラスから選ばれている為、ここで初めの1時間は聖歌のクラスを一緒に受けてその後、別の授業を受けに行きました。

imageimage

 

2コマ目は数学、宗教、薬学、ドイツ語など様々だったようです。

授業の邪魔になってしまう為、写真はなかなか撮れないのですが、数学を受けた参加者からは、「意外と理解できた〜」「問題読むのに時間が掛かるけど何問か解けて嬉しかった!」との声が!

 

宗教の授業を受けた参加者の皆さんは「日本語に訳しても意味が分からなかった…」と言っていました。宗教のテーマは奥が深く、日本語での授業でも恐らく難しいので英語だとなおさらですよね。それも全て経験です!

 
8/17(水)

早くも3日目に入り、初めは左側からしか座る事ができず少し不便に感じたこの机と椅子にも、ようやく慣れてきたでしょうか?!

image

 

今日も英語のレッスンで1日が始まります。
内容は、参加者のみんなが嫌いなものについて、Idiom、洋楽、最後に1分間スピーチです。
今日は歌の練習もありましたが、洋楽や洋画は本当に良いツールになるので、好きなものを見つけて帰国後もうまく活用できるといいですね。

 

そして皆さんが授業で最も恐れているスピーチの時間です。

おもちゃのピストルでホワイトボードに書かれたテーマを撃ち当ててそれについて即席で行うので、自分の番が終わるまではドキドキが止まりません。

image

imageimage
それでも皆さん日に日に話せる量が増えてきて、内容がより面白くなってきました!
冗談交じりのスピーチで皆を笑わせる事ができた時の楽しさ、言いたい事は沢山思い浮かんでいても英語で言葉にできなかった時のもどかしさ、それぞれ色んな思いがあるはずです。

 

内容の良し悪しではなく、その時自分が感じたことを忘れずに次に繋げる事が大切だと思います。

The sky is the limit!!

(レッスンで習ったidiomの1つです。したい事があれば何でも達成できる、可能性は無限にあるという意味です。)

 

緊張が解けお腹も減ってきたところで午前は終わり、移動です。

今日のHigh schoolのランチではチキンサンドが見かけによらず?美味しいと好評でした。

image
choirの授業が3種類もあり、毎日受けている生徒が多いみたいで私たちも一緒に受けました。

地域柄、宗教に絡む授業が多いのも特徴かもしれません。

 

1日置きにバディが変わる方もいらっしゃいますが、皆話しやすい雰囲気の生徒ばかりで安心しました。

imageimageimage

 

8/18(木)

残すところあと2日となりました。

やっとホストファミリーやバディとも色々話せるようになってきたのに…。

日本食は恋しいけど、日本には帰りたくない…。

そんな声がちらほらと聞こえてきます。

 

今日のMs.Heidiのレッスン内容は好きなAmerican foodについて、歌の練習、挨拶の仕方、syllable(音節)でした。
今日は授業中に現地生徒を2人招いてアメリカでの挨拶を実際に練習してみました。

imageimage

 

改めて練習となると日本での挨拶と異なる部分が多くあったり、恥ずかしさから何となくぎこちない感じもしますが、この1週間でパーティーに参加したり教会に行ったりして初対面の方と会う機会が沢山あったと思うので、自然にできるようになっているかと思います♪

 

中でもeye contactをとる事はコミュニケーションにおいてとても大切な事なのでずっと意識していきたいですね!明日はまた1分間スピーチがあるとの事なので、今までの集大成としてMs.Heidiを喜ばせましょう!

 

午前のレッスンが終わり、Middle school組はランチ前の空き時間にバディに日本語を教えてあげました。よく聞くとBAD WORDSを教えて楽しんでいるペアの方もいましたが…こうして日本に少しでも興味を持ってもらえる事は嬉しいですよね。

 

image
そしてランチを食べて教室へと移動です。

 

Middle schoolもHigh schoolも月/水/金がAスケジュール、火/木がBスケジュールとなっているので、今日(木)は火曜日と同じ授業を受けることになります。体育や音楽等それぞれ受けてみたい教科があったようですが、バディは午前中に受けているとの事で残念です。
内容理解は難しくても、先生と生徒の距離感や授業中のルール、生徒同士のディスカッションが多い事など、日本の学校生活との違いを発見できる貴重な経験となっている事と思います。

 

明日を最終日に控え、参加者の皆さんはどんな気持ちでしょうか。
とにかく初めは生活に慣れようと、そして英語でコミュニケーションをとれるようにと、それぞれ必死に頑張ってきた約10日間は長いようであっと言う間だったと思います。
不安だらけの中、失敗を恐れずに自分のベストを尽くして乗り切れた事を自信に、もっと英語で思いを伝えたかったという悔しさをモチベーションに変えて、帰国後も目標に向かって頑張っていただきたいです。ここセントジョージでの経験が、皆さんの新たなスタートのきっかけとなれば嬉しいです。

image

 

最終日も元気いっぱい頑張っていただき、ホストファミリーとfarewell partyをしてきちんとお別れした後、セントジョージを発ちます。
日本帰着(成田空港)は8/21(日)ですので、出発時より少し頼もしく、そしてよく日焼けした?私たちの姿をお楽しみにお待ちください!

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ