2014年12月

FAG4 中高生オーストラリア・ゴールドコースト #3

真夏のゴールドコーストからの最終報告です。

日本を出発する前の天気予報では、滞在中ずっと雨か嵐かといった感じで、年間300日以上も晴れるとい言われているゴールドコーストなのに、、、と心配していました。

DSC05682

しかし、こちらへ来てからは朝、ホストファミリーが学校に送って来てくれる頃は曇っていたり、少し雨が降っていても午後からアクティビティに出かけることには、朝方の空模様からは信じられないぐらいの晴天続き。最高気温は30℃前後まで上がりますので、日焼け過ぎや熱中症が逆に心配なぐらいです。(でも、皆さん元気ですのでご安心ください。)

さて、昨日の午前中がレッスンの最終日でしたので、ランチの前にレッスンの先生からそれぞれ参加者の名前が書かれた修了書をもらいました。わずか半日×4回という短い期間でしたが、よく頑張ってレッスンを受けていました。

DSC05504

 

午後にはブロードビーチへ行って、サーフィンのレッスンを受けてきました。

DSC05510

DSC05513

 

少し体調が悪かった参加者がレッスンを受けられなかったのが残念でしたが、コーチの説明や身振り手振りをまねしながら、サーフィンに挑戦しました。

DSC05518

DSC05520

コーチによると中高生の年齢の初心者はレッスンを受けても、パドリングがやっとできるという程度だということでしたが、何人かはボードの上に立てて波の上をスイスイ滑っていました。見ていてとても気持ち良さそうでした。

DSC05559

DSC05590

DSC05610

DSC05619

DSC05631

DSC05643

DSC05677

 

そして、今日1/3はお待ちかねのドリームワールド終日観光でした。学校を朝の9:30ごろに出発する頃は今にも雨が降る出そうかという天気で心配しましたが、ドリームワールドに着いてしばらくすると、青空がのぞいてまた強い日差しが照りつけてきました。

DSC05687

参加者全員の天気運が強い証拠でしょう。

DSC05715

ドリームワールドは、絶叫系アミューズメントパークと動物園エリアが併設されていて、コアラと記念撮影ができたのですが、コアラは明日カランビン野生動物保護園(ワイルドライフ サンクチュアリ)に行くので、今日は絶叫系を中心に楽しみたいとの参加者のリクエストでした。

DSC05724

DSC05756

あまりに絶叫系なのは苦手な参加者もいましたので、絶叫系と非絶叫系を混ぜながら、それぞれ楽しめるようにしました。

DSC05770

DSC05802

10:00ごろにドリームワールドに到着して16:00ごろに出発するまでの約6時間で、ほとんどランチもそこそこに7つぐらいのアトラクションを楽しめました。

DSC05816

DSC05884

引率の私が撮影しながら見ていても、恐ろしい絶叫系マシーンがいくつかありましたが、乗り終わって出てくる参加者の顔は破顔一笑とはこのことでしょうか。

DSC05901

若いって恐ろしいです(笑)

DSC05921

12/29にゴールドコーストへ来て、早いものでもう5泊しました。最初の頃の参加者同士はよそよそしい感じがしましたが、最初からお互いを友達から呼ばれているニックネームで呼び合うようにしていますので、今では年齢の上下や性別に関わらず、仲良くなっているのが横で見ていてもよくわかります。

 

こちらであと2泊して、予定通りブリスベンからソウル(仁川:インチョン)を経由して、1/5の20:45に成田空港に帰ります。(出発は羽田でしたが、帰着は成田なのでお間違えのないようにお気をつけ下さい。)関東にお住まいの参加者以外は1/5の成田後泊後、1/6に各地へ帰ります。

元気に帰りますので楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ