2014年12月

FAG4 中高生オーストラリア・ゴールドコースト #2

ゴールドコーストから2回目の報告です!

昨日、12/30の午後の英語レッスンも皆さん真剣そのものの表情で頑張っていました。

DSC05228

 

まだ2日目のレッスンとあってペースがつかめず戸惑っているようですが、徐々に慣れて来ているようです。

昨日のレッスンの後はアボリジニ(オーストラリア先住民)の女性が学校に来てくれ、アボリジニの歴史やアートについて学びました。

DSC05259

DSC05267

DSC05292

アボリジニとはラテン語で「最初から」の意味の「ab origine」に由来することや、アボリジニの祖先はオーストラリア大陸に上陸したのは今から5万〜12万年前と言われていること、「ディジュリドゥ」という木をくり抜いて作った楽器は一説には世界最古の管楽器とされることなどを学びました。

DSC05298

 

始めただとなかなか音をうまく出せないディジュリドゥですが、何人かは初挑戦で音が出せました!ちょうど日本で言うとほら貝のような音色です。

 

また、いろいろな意味を持つアボリジニのフェイスペイントも実際に体験したり、ブーメランに思い思いの絵を描いたりして大変盛り上がりました。

DSC05319DSC05315

DSC05320

 

今日、12/31の午後はサーファーズパラダイスへ行きました。学校から専用バスで約15分と近いところにあるこのビーチはその名の通りサーファーたちのメッカのようなビーチです。

まず、サーファーズパラダイスに到着してすぐに、Q1デッキというサーファーズパラダイスにある地上322.5メートルの高さにある展望台へ上がりました。

DSC05440

322.5メートルの展望台までのエレベーターは、なんと43秒しかかからない高速エレベーターでした。

DSC05357

DSC05351

 

早く上がれるのはいいのですが、気圧が変わるので耳がつまりました!

この77階の高さにある展望台からは、サーファーズパラダイスだけではなく、車で約1時間ほど先のブリスベンまで見渡せます。天気もよくて最高の眺めでした!

このビーチに着いた頃はちょうど一日で一番気温が高い14:00ごろでしたので、皆さん「暑い暑い!」を連発していました。こちらにいると大晦日の日に半袖でも暑いくらいの日差しを浴びているのが不思議なくらいです。

DSC05414

DSC05420

DSC05425

 

サーファーズパラダイスは波が高い上に、サメが出ることもあるため遊泳禁止になっているのですが、参加者たちはきれいな砂浜と青い海に感動していました。

ビーチへの行き帰りには欲しいお土産を買うことができた参加者もいましたので、楽しみにしておいてください!

今年も残すところあと数時間となりました。日本のご家族の方より、一足(1時間だけですが)お先に新年を迎えます!

 

最後の写真は今日の昼間に行ったサーファーズパラダイスで、夜にNew Year’s Eveを盛り上げる花火の様子です。(私のホストファミリーが連れて行ってくれた時に撮影しました。)

DSC05453

DSC05459

日本を出発する前の天気予報では、こちらの滞在期間中ほとんど晴れの日がないようで心配しましたが、予報に反して晴天に恵まれています。

ちなみに今日、12/31の最高気温は32℃でした。

暑いです!!!

 

いよいよ次回が最終回のツアー伝言板となります。1/3(土)の夜にドルームワールドの様子をご紹介します。

 

 

 

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ