2014年7月~8月

UZ9JO ECCジュニア高野/総社/野介代教室アメリカ・ユタ州セントジョージ異文化交流 #2

ユタ州セントジョージからの2回目の報告です♪

アメリカに到着していよいよ本格的に研修開始となります。

写真 1

 

昨日は日曜日でした。ホストファミリーとどんなふうに過ごしたか、興味津々で子どもたちを出迎えるとみんな興奮して口ぐちに話してくれました。参加者のファミリーの多くはモルモン教徒のホストファミリーだったので、ミサに連れていってもらったらしいです。

 

ミサでは演台でひとりずつ話をして、中には泣いたりしていたらしいのですが・・・参加者達は何を言っているのかわからなかったもののりあえず参加してきたみたいです。でもお祈りのポーズだけはしっかり覚えてきて、みんなで見せてくれました☆ただ、もうミサは懲り懲りだそうです・・・(笑)

ま、何事も経験ですからね〜

今日は、英会話のレッスンの初日でした。みんな、同じ部屋で午前中のレッスンの間いっしょにレッスンを受けました。現地学生が9人も参加してくれました☆☆☆ 今日はみんなが仲良くなるために特別に配慮してくれたらしいです。隅々まで参加者のことを気遣ってくれるスタッフのおかげで、子どもたちは安心してこのホームステイを楽しめています。本当に感謝感謝です。

 

コーディネーターは、Maleeya。これまでずっと彼女が英会話のクラスを受け持っていたらしいのですが、今年は彼女が先生を教えたりコーディネートする側になったらしくとても熱心な方です。ジェスチャーたっぷり、でも英語はゆっくりわかりやすく、レッスンの始めに生徒にはじめのことばを話してくれました。実際に、参加者を教えてくれたのはLauren先生でしたが、なんと彼女は教壇にのぼるのが、実際の現場では初めてだったそうです!教え方は初めてと思えないほど上手だったので、どうしてかMaleeyaに聞くと、こちらでは先生になるには、大学の4年間、実際に学校で経験を積むらしいです。道理で!(写真は右がMaleeya、左がLauren先生です)

写真25

 

現地の学生を使うのは、今回が初めてらしいですが、大成功でした。9名もの現地の子どもたちが、本当にしっかりサポートしてくれたおかげで、日本の子どもたちの緊張がすぐに解けました。

まず最初は、自己紹介。自分の名前と歳と好きなことやものを言いました。みんなの前で自己紹介!緊張が走りました!でもそのとき、先生が素敵な提案をしてくれました。その人にふさわしいアメリカンな名前をつけてくれる!とのことです。

 

みんなは緊張と期待がいっぱいの表情で自己紹介をしました。ことばに詰まってはいましたが、みんな最後までがんばって、1人ずつ素敵な名前をもらっていました。中には、発音が難しくて何度も先生に治されていた子どもたちもいました(笑)

 

ここの先生は妥協をなかなかしないので、何度も何度もリピートさせてくれて、みんな発音の大切さを身体で覚えているようです。そのあとネイムカードを作りました。日本語の名前と新しい英語の名前のネイムカード・・・日本に帰ったら聞いてみてください!一生の宝物です。みんな誇らしそうにネイムカードを作っていましたよ〜

写真6 写真8 写真15 写真14 写真13 写真11 写真24 写真26 写真10

 

そのあとは、1人か2人にそれぞれ現地の学生がついてお互いに相手を知るために質問をし合いました。そのあと、お互いにわかったことをみんなの前で発表しました。写真にあるように、2人で前に出て発表しました。緊張はしたようでしたが、お互いに助けあって、がんばりましたよ〜

写真27

そのあとはゲームや、ダンス、歌、初日とは思えないほど盛りだくさんでした♪

 

そのあとは、ランチですが、バイキングスタイルのレストランで、サラダ、野菜、何種類ものソース。お肉は甘辛く味付けしたチキンやグリルした様々なものまで。デザートもアップルパイから、数種類のケーキ!アイスクリームも好きなだけ!!思い出しただけで、よだれがでてしまうようなレストランで、楽しくランチをたべました。この頃には、みんな国籍のことを忘れて打ちとけていたようです♪
本当に楽しそうに笑っている姿は、キラキラしていましたよ〜

写真22 写真16

 

 

そのあとは、町の見学に車で出かけました。すっかり仲良くなった生徒たちはバンのなかでも、元気でレッスンで習った歌をみんなで大合唱していました♪

 

ドライバーが苦笑するほどとっても微笑ましくて講師も口ずさんでしまったほどです。始めはTuachnというところに行きました。写真のように赤土の美しい峡谷に出かけました。そこでは、美しい峡谷を背にamptheaterという野外劇場があり、1年に数回プロの人たちがパフォーマンスを行うそうです。残念なことに、そのときは公演は行われていなかったのですが、壮大なセットだけは見学できました

写真 2 写真 1 写真20

 

そのあと、モルモン教のtemple  museumでお話を聞きました。本当のtempmle(寺院)には熱心な信者しか入れないことなどがわかりました。建物は白くて立派でしたよ〜

写真23 写真17

 

 

今日は、生徒のみなさんとひとつ、
約束をしました。それは、午前中(ランチまで)は英語だけを話すこと。講師も英語で助けること。です。

 

明日の午後のアクティビティーは現地の学生とスポーツをします。盛り上がるでしょうね〜。今から楽しみです。日本の保護者のみなさん、ご安心ください。みんな、呆れるほど元気ですよ〜。

 

次回(8/8予定)の報告をお楽しみに!

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ