2013年7月~2013年8月

UH7J ジュニア夏4 in Hawaii 成田発着 #2

Aloha! 皆様お待たせいたしました☆

 

ホノルルより、夏4 in Hawaii 成田発着グループの2回目(最終)のご報告です。

 

ハワイに着いて2日目、朝食をすませてからまずは夏4のレッスンよりスタートです。

教室に向かい、英語で元気に”Good morning!”とあいさつをしたら、みんな英語のレッスンモード。普段とは違う教室環境に少し緊張もしましたが、そこはさすがECC生!とても積極的に手を挙げて、全員が堂々と前に立って自己紹介をしていきました。

 

 

それからハワイについて学習し、更にはハワイの写真が載ったポストカードを使って、ECCの先生達にそれぞれお手紙を書きました!

先生たちには実際に送付ができるよう住所も書き、準備完了。それぞれの参加者が、先生にどんなことを伝えたいか考えて、メッセージを書いていました☆

 

ランチを食べて午後は現地スタッフとアクティビティへ。敷地内にある、アーチェリーとウォールクライミングに全員で挑戦しました。

アーチェリーの弓を引くにはけっこうな力が必要で、みんな苦戦!でもとても楽しく過ごせたようで、1人2回ずつ、1回に3本ずつのわずかなチャンスで、コツをつかんだ参加者もいたようです。男の子も女の子も、みんな楽しく行えました。

 

 

ウォールクライミングは、下で見ているのと実際にやるのとでは大分イメージが違っていたようで、半分以上の参加者が、「思ったより怖かった!」と言っていました。

でもみんな上までいけるように頑張っていました!

 

 

どちらのアクティビティも全員参加し、みんなで普段とは違う体験をすることができました。

 

 

 

 

その後はバスケ、サッカー、フリスビーと、それぞれ好きなものに分かれてスポーツを行いました。

サッカー大好き!な9人の男の子たちは、やっとサッカーができる!ととてもうれしそうにみんなでサッカーを行っていました。

 

 

夕食を食べてそれぞれのキャビンに戻り、順番にシャワーを浴びて寝る準備へ。

家族と離れて子ども達だけで集団生活を行うことは、大人が思う以上に大きな大冒険です。参加者のみんなにはこのハワイ滞在で、英語はもちろん、お友達との生活や、日本以外の国の環境、マナーなどを学び、新たな刺激を受けて、大きな成長の第一歩につながるきっかけになればいいなと思っています。

 

 

多くの参加者が親元を離れるのも初めてだとお聞きしましたが、お互いに声をかけながら小6、中学生の参加者が中心となり少しずつ集団生活に慣れてきたようです。

皆様、ぜひハワイから帰ってきたお子様の成長をお楽しみに!

 

ちなみに夜のキャビンではいろいろな事件が!特にみんなの頭を悩ませたのはたくさんのbugs(虫)・・・。

ちいさなアリがキャビンの中にいたり、ヤモリが窓の向こうに見えたり、とにかく一度目にしてしまったら気になって眠れません!

お友達との尽きないおしゃべりに加え、みんなの睡眠を妨害したのは虫達の仕業でした。

 

 

そして3日目の朝はやっぱりみんな眠たそう・・・。

朝食の準備がなかなか思うようにいかず、みんなボーっとしながらも、美味しいパンケーキがでてみんな残さず完食!片付けにも慣れてきて、ちゃんと時間通りにキレイに片付けることができています。

 

 

午前中はまず漢字と計算のプリントや、終わっていない宿題の時間。

みんな眠そうだったけど大丈夫かな?という心配をよそに、みんなとっても集中して勉強ができていました。こういった基礎学力は、全ての教科に繋がります。

みんな一生懸命解いていき、終わった子は次のプリントへ。最後の丸つけも自分で行いました。

 

 

 

それから英語のレッスンへ。

今回は参加者がインタビュアーになり、このYMCAの敷地内にいるスタッフや現地の人に話しかけていくつか質問をするという内容でした。

 

ネイティブの先生の発音を聞いてみんなでリピート練習をしてから、更に4つのグループに分かれ確認。

教室を抜け出して、できるだけたくさんの人に話しかけられるようにいざ出発!

 

 

みんなとても積極的で、大きな声でExcuse me!と言って声をかけることができていました。

ハワイの初日は英語で話しかけるどころか、単語さえ口にするのに緊張している様子でしたが、この3日間ですっかり打ち解け、参加者全員が英語で話してみよう!という意識が強くなっているように感じました!

 

 

中には、決まった文だけではなく、「先生、このHanaっていう名前の人は、お父さんが東京に2年前まで住んでいて、日本語の花という名前を付けたんだって言ってたよ」と名前の由来まで会話が弾んだようで、とてもいきいきと話している参加者もいました。

 

そしてランチへ。

この食堂で食べるランチはこれで最後・・・。みんなすっかり準備に慣れ、自然とそれぞれが役割分担をし動いてくれて感動☆

ここでも、今までなら日本語で確認をしていたことも、「英語ではなんていえばいいの?」と自ら進んで現地スタッフとのコミュニケーションを取るようになっている変化に、また感動!!

 

 

 

午後は2階の見晴らしのいいベランダで、ハワイの風景を自由に描くというアートのアクティビティに挑戦。

白い紙と絵具と色鉛筆で、この風景から自分の感覚で好きなものを描いていきます。それぞれの個性が光り、みんなで同じ風景をみているのに、こんなにそれぞれ違う作品になるなんて、みんなすごいなあと感心しながら見ていました。

 

 

それから今度はガガというゲームを行いました。どうやらイスラエルのゲームだそうです。

みんな靴が真っ黒になりながら、すぐにルールに慣れ楽しむことができました。

 

 

 

最後の夕食後、みんなにサプライズが!

今回たまたま同世代で現地の小6の生徒たちが同じ時期にこのYMCAに滞在していて、そちらの先生からの提案で急きょ生徒同士で話をする機会を作ってもらえることに。

急なことでみんなびっくりしていましたが、すぐに1対1になり話を始めていました。今日のレッスンでも勉強した、インタビューの仕方を活用し、たくさん質問をしたり、向こうの質問に答えたり。

少しの時間でしたがみんなとても楽しそうでした。

 

 

 

 

夜はそのままキャンプファイヤーへ。

リズムにのせて現地スタッフの言う言葉をリピート。2人のスタッフがとても楽しい人で、みんなのテンションも一気にあがり、見よう見まねで盛り上がっていました。

夕食後に交流した現地の生徒たちのキャンプファイヤーにも少しだけ参加させてもらい、更にテンションの高いリアクションに、みんな大盛り上がり!

とても楽しい最終日を過ごすことができました。

 

 

明日はいよいよ帰国です。異文化体験により、成長した姿をぜひお楽しみにお待ちください!!

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ