2013年7月~2013年8月

AG1 小学生オーストラリア・ゴールドコースト ホームステイ&ファームステイ #3

オーストラリアから最終報告いたします!

 

●8月12日(月)●

 

一晩ホームステイ家族と過ごした冒険家たちは翌朝ついにAICOL(アイコル)で英語が学習開始です!

 

 

レッスン前にオリエンテーションを行い、学校・オーストラリアのルールについて確認しました。

 

 

オリエンテーション後はみんなが初日から不安と言っていたテストでクラス分け。

テストに緊張しながらもみんな真剣な表情で挑みました!

 

 

テスト採点中の時間を利用して一向か周辺のショッピングモールと公園を散策に行きました。

桁違いのスケールのモールと、緑溢れる広大なパークに感動していました。

 

 

散策でリフレッシュした11人はクラス分け発表をニューカレドニアから来た留学生と交流を楽しみました 。

 

 

クラス分け発表後、メンバーはそれぞれのクラスへ!!

色々な国からの新しいお友達を混ぜて最初のレッスン開始です!

 

 

最初は少し緊張していましたが、授業が進むにつれとても楽しく、積極的に参加していて、他の国のお友達とも仲良く出来ていました!

 

たくさん英語を使った後は待ちに待ったランチタイム!

それぞれのホームステイ家族が作ってくれたランチボックスに大満足!!

オーストラリアンランチボックスを満喫しました!

 

 

ランチ後はグループに分かれて先ほどのパークとモールでの自由時間!!

 

たくさん遊んで、買い物もして大満足でした!

 

 

自然とモールを最大に楽しんだ11人はそれぞれのホストファミリー宅へ。

今夜はどんなアドベンチャーがそれぞれに待ち受けているのか??

 

 

●8月13日(火)●

 

ホストファミリーと2夜目を過ごしたキッズたちは元気にAICOLに登校しました!

二日目ともあってだいぶ慣れてきました!

自分のことを発表したり、図書館でアクティビティをしたり、公園にみんなで遠足に行ったりして11人の冒険家はさらに頼もしい成長をみせました!

 

 

どっぷり英語を楽しんだ後は42kmもある美しいサーファーズパラダイスへ!

アクティビティの中でも一番に近いほど楽しみにしていた一行のテンションは振り切れていました!

 

 

砂浜で遊んだり、海で泳いだりして最大限南の楽園を満喫した11人!

日本ではなかなか見られないサラサラの砂浜で思う存分楽しみ、たくさんの思い出を作りました!

 

 

海を堪能したキッズは待ちに待ったもう一つのイベント!

そうです!お土産タイムです!

 

オーストラリアの桁違いのスケールのショッピング街で英語を使って堂々と買い物をしているみんなを見て、この冒険を通して著しく成長した11人に引率者も感動!

たくさんの想いを乗せて真剣にお土産を選んでいました!

 

 

AICOLに戻った後はそれぞれのホームステイ家族へまた旅立ちました!

一段と頼もしくなった背中でした!

 

 

 

●8月14日(水)●

 

もう三日目の登校となるとかなりリラックスして登校しました!

 

そして三日目のレッスン開始です!

すっかり慣れてきたみんなはさらに積極的にレッスンに参加していました!

先生とのコミュニケーションを円滑に行うこともでき、さらなる向上をみせる一向でした!

 

 

2レッスンを終えたキッズたちは現地の学校に訪れました!

本日訪れたのは「Helensvale State Primary School(へレンズヴェイルステイトプライマリースクール)」です。

日本の校舎の平均の20倍広い面積のマンモス校であり、生徒も1000人以上います!

 

ドキドキしている様子でしたが、着いたらすぐに一人ひとりBUDDY(パートナー)がついてくれました。

このBUDDYと共に本日は活動しました!

 

 

BUDDYとの自己紹介のあとはスナックタイムです!

BUDDYと楽しい会話をしながら学校が用意してくれたスナックをバイキング形式で堪能し、残り時間でそれぞれBUDDYと校庭に遊びに行きました!

 

 

お昼休憩終了のチャイムが鳴り、ついに実際のレッスンに参加タイムです!

それぞれのBUDDYとそのグループに混ざりたくさんの異文化交流やアクティビティ、工作、歌、ゲームを楽しみました。

 

緊張していた11人は次第に打ち解け、最終的には地元の学生さんと仲良しになれてとても楽しそうそうでした!

 

 

3時に授業終了のチャイムが鳴ると、仲良くなったBUDDYたちとのお別れです。

 

「もっと居たい!」や「早すぎる!」と楽しい時間を惜しむ声が飛び交うほどエンジョイした冒険家たち。

国境を超えて仲良くなった新たな仲間は冒険家たちにとってかけがえのない宝になりました。

 

現地校からAICOLに戻った11人は今宵もホストファミリーに元へ戻りました!

 

 

●8月15日(木)●

 

AICOL通学4日目です!早くも最終日前日を迎えました!

登校してから教室への移動はもうお手の物です!

 

そして今日も楽しく、しっかり英語を通して学びました!

 

英語を使って自分が言いたいことや伝えたいことが通じた時の喜びを感じているとの声も多くなりました!

 

 

75分授業を2コマたっぷりと楽しんだあとは、コアラやカンガルーなどのオーストラリアの動物がたくさんいる、

「WILDLIFE CURRUMIBIN SANCTUARY」(ワイルドライフ・カランビン・サンクチュアリー)へ向かいました。

 

初めてのオーストラリア動物ともあって、11人は興奮気味でバスで移動しました!

 

 

カランビンに到着した一行はこれから待ち受けてるオーストラリアの珍しい動物との出会いにわくわく!

 

 

入場したらすぐにオーストラリアの愛らしいコアラとの写真撮影が待っていました!

目の前のかわいいコアラの11人は笑顔で釘づけ!

一人ひとり仲良くコアラと記念写真を撮ることができました!

プロカメラマンが実際に撮影した写真はキッズたちが帰宅してからのお楽しみに!

 

 

コアラとの写真撮影後はもう一つのオーストラリア代表の動物、カンガルーにエサをあげに向かいました。

愛嬌たっぷりで人懐っこいカンガルーと触れ合い、「飼いたい!」や「連れて帰りたい!」の声も上がっていました!

 

 

次はオーストラリアの原住民であるアボリジニーのダンスや楽器ショーを見に行きました!

迫力ある踊り、ディジリドゥー(アボリジニーの楽器)、摩擦での火おこしを見てオーストラリアの伝統を体感しました。

 

 

すると司会の方が一緒に踊りたい人を観客の中から応募!

なんと11人の何人かが選ばれて前に出て一緒にアボリジニーダンスをしました!

 

ひざを振りながらのハードな踊り!

 

 

そしてキメポーズ!!!

 

 

観客から盛大な拍手を浴びました!!さすが冒険家たち!!

どこに行ってもチャレンジ精神を忘れません!

参加したキッズは緊張と興奮に包まれてヒーローのように帰還しました!

 

ショーの後はアボリジニーショーの方々と記念撮影!

異文化をたっぷり体感出来た貴重な時間でした!

 

 

思う存分楽しんだキッズたちは日本の大切な仲間のためにお土産を買い、バスでホストファミリーの元へ行きました!

 

 

 

●8月16日●

 

ついに迎えたAICOLでの語学学習最終日!

 

最終日ということで5日間の想いを背負って教室へ向かいました。

あっという間の5日間を惜しむ声が多く、同じクラスのお友達との最後のレッスンも真剣、かつ楽しく参加できました!

英語という「ツール」を使うことで世界観が広がることを心より実感した11人。

AICOLでの思い出が人生の中でかけがえのないものになりました。

 

無事に全員終了証をもらえ、達成感で一杯の11人は副校長と一人ひとり終了記念写真を撮りました。

 

 

 

AICOLの最上階のベランダで、ゴールドコーストの絶景をバックに記念撮影!

 

太陽もみんなのことをお祝いしてくれました!

 

 

最後のアクティビティに向かう前に、5日間ジュースやスナック、オーストラリア名物ミートパイを買いに行った行きつけの売店へ最後の挨拶をしに行きました。

 

オーナーの2人と別れを惜しむ様子がとても切なくも感じました。

 

冒険家たちは人生初の「行きつけ」のお店をなんとオーストラリアで作りました!

 

 

AICOLにもお別れを告げ、お腹ペコペコのキッズたちはお別れパーティーの会場へ行きました!

美味しいごはんはみんなにとって最高のご褒美になりました!

 

 

そして本日のアクティビティは水陸両用車「アクアダック」を体験しました!

 

陸から海に入る瞬間はとてもスリリングで、笑顔でいっぱいの様子でした!

海から見えるゴールドコーストの眺めや、ハリウッドスターの別荘を眺めながらのツアーはキッズたちにとってエクサイティングそのものでした。

 

 

そしてなんと!!

運転手からのサプライズが!!

 

全員操縦と記念撮影をできることに!

11人はアクアダックの船長さん体験に興奮していました!

 

 

 

日本中の各所から集まった冒険家たち。

 

この12日間の旅で冒険家たちの目にはどのように外国の世界は映ったのだろうか?

 

確実にわかることは、この冒険を通して数えきれないほどの出会い、別れ、人情、異文化に触れ、

日本出国時よりも何倍も頼もしくなっていること。

 

冒険家たちは19日に帰国いたします。

 

最大の達成感と成長した表情を是非楽しみにしていてください!

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ