2013年3月~2013年4月

HUP1 小学生アメリカ・ロサンゼルス郊外ローリングヒルズ #3

ローリングヒルズより最後の報告です!

 

3月29日(金)

いよいよ今回のホームステイツアーもクライマックス!

参加者の皆さんの多くが一番楽しみにしていたであろう、

ディズニーランドに行く日がやってきました。

 

この日も天気は晴れ♪

早朝こそ曇っていることが多いのですが、

9時すぎになると、真っ青な空が広がります。

 

午前9時にローリングヒルズ・プレパラトリースクールに集合。

シャトルバスに乗り込んで、フリーウェイを走ることおよそ40分、

あっという間にディズニーランドに到着しました。

 

予想された週末の渋滞や駐車場の混雑もなく、無事にバスを降りると、

トラムと呼ばれる送迎車に乗ってメインエントランスへ。

チケットをもらって、ついに魔法の国に足を踏み入れます。

東京ディズニーランドに行ったことのある参加者も多かったのですが、

やはりここが元祖、ということでワクワク感もひとしおでしょう。

さっそくカメラを構えて、日本のシンデレラ城ならぬ

「眠れる森の美女の城」を写真に収める姿も。

こちらのお城はピンクでややかわいめ(笑)

 

集団が大きくなりすぎると回るのが大変なので、

およそ20人の集団を2つに分けて、現地のガイドさんの先導でツアー開始!

 

この金曜日はアメリカでは休日ということもあって

アトラクションによっては60分を超える待ち時間に。

それでも、東京ディズニーランドと比べればマシだったという話も・・・

いずれにせよ、待ち時間が長いと退屈は退屈ですが、

その間に膨らむのが、アトラクションを前に高まるドキドキ。

中には絶叫系は絶対苦手!!!という子もいたけれど、

一生に何回あるかわからない機会だからトライしてみる子がほとんど。

きゃーきゃー騒いだり、ぶるぶる震えたりもしながら、

みんな最高のひとときを過ごしていましたよ。

 

途中、お昼休憩をはさんで、さらに後半のアトラクションへ。

ファストパスといって、超人気のアトラクションには、

少ない待ち時間で入場できるパスを午前中にゲットしていたので、

人気のスペース・マウンテンにもスムーズに乗ることができました。

なんだかこの一日で絶叫系を多く経験しすぎて、免疫ができてきたのか、

スリルはあるけど、でも楽しい!と感じられるようになった人も多く、

そういった意味でも少し成長(笑)できたのではないでしょうか。

 

あっという間に時は過ぎ、おみやげを買う時間になりました。

皆、思い思いにショップを巡り、お財布とにらめっこしながらおみやげを吟味。

なかなか慣れなったコインの出し方も徐々にこなれてきたのかな?

でも、やっぱり「19.51ドル」とか急に言われても、

お財布からどんなお札やどんなコインを出せばいいか、すぐにわからない・・・

 

日本の消費税にあたる小売売上税もかかってくるから、大変だったと思います。

結局20ドル札や10ドル札で支払いをする人も多かったかもしれないけど、

ちゃんと小銭で払うと、とっても感謝されるんですよ!

次に来るときには、がんばろうね。

(さっそく明日はショッピングだから、あと一回挑戦できます♪)

晩ごはんを食べるころには、辺りはすっかり真っ暗。

みんな、名残を惜しみながら、きらきら輝く夜のディズニーランドを眺めていました。

 

興奮冷めやらぬ帰りのシャトルバスの中は、この旅一番のにぎわい。

どこにそんな元気が残っているんだろう、

というほどの声で、会話に花を咲かせていました。

夜9時半すぎ、無事にローリングヒルズに到着。

実に12時間を超えるスケジュールが終了しました。

週末はホームステイ・ファミリーとそれぞれの時間を過ごしているはず。

はたしてどんな会話が交わされているのか、とっても楽しみです。

 

そして明日、月曜日は実質のツアー最終日。

英語のレッスンと、ショッピングが待っています。

最後まで気を抜かず、充実した一日にしたいと思います。

 

飛行機が発つのは2日火曜日の昼(日本時間翌3日AM4時半)。

たくさんのおみやげと、素敵な笑顔を期待していてください!

それではまた、日本でお目にかかります。

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ