2012年12月~2013年1月

FAP4 中高生オーストラリア・パース #3

★☆A Happy New year 2013★☆

こちらパースから最後の報告です。

みんな40度近い気温の中、元気に頑張っています!

 

今朝、学校に集まったみんなの表情は明るく、バディやホストファミリーと週末をめいいっぱい楽しんだようです。

 

シティへショッピングに出かけたり、親戚の家に遊びに行ったり、別の参加者のホスト宅に集まり、みんなでプールで泳いだり、ポーニーに乗ったり、ブラウニーを焼いたり、チョコレート工場見学や、サイクリング、映画を観に行ったりと、週末はみんな色々と忙しかったようです。

 

どのホストファミリーも参加者の事を良く考えてくれて、とても優しく接してくださいます。写真からもお分かりのように、オーストラリアは移民の国なので、子供たちはいろんな文化を体験しています。マレーシア系の家庭では宗教上の理由からお肉を食べなかったり、毎日決まった時間にお祈りの時間があったり,,,、これらの体験を通して英語だけではなく、様々な事を肌で感じ、大きく成長しています。

 

では、今日の様子をご紹介します。

今日もガブリエル先生とバディと一緒に英語のレッスン。

日に日にバディとの距離が近くなっているのが見受けられます。とても嬉しいですね!

 

そして午後からのアクティビティではペンギンアイランドへ。

見てください、この青い海、青い空!!

ホストファミリーに作ってもらったランチを食べた後は、早速泳ぎました。

泳いだエリアは遠浅で波がとても穏やかだったので、子どもたちはゆったりと楽しめました。

 

そして、ペンギンの餌やりも見ました。

通常この島に生息している野生のペンギンは昼間、漁に出かけるのでなかなか見かける事は出来ませんが、何羽か保護しているペンギンを見ました。体は小さく歩く姿は愛らしいですが、一旦水の中に入るととっても俊敏です。

 

週末の二日間をたっぷりバディと過ごしたことで、今日は見違える程バディと仲良くなっていましたが、明日私たちはもうこちらを出発します。あっという間の滞在で、まだ帰りたくない〜と言っている生徒もいます。

 

たくさんの写真とお土産話を持って、こんがり焼けた元気な姿で帰国しますので保護者の皆様お出迎えのほど、どうぞよろしくお願いいたします。以上、パースからの報告をお届けしました★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ