2012年7月~2012年8月

AC9JO ECCジュニア 総社教室・高野教室 オーストラリア・ケアンズ #3


ケアンズからの最後の報告です☆

 

日本を8月18日に出発して6日が過ぎ、いよいよ明日のグリーン島を残すのみになりました。最初は何をするにも引率講師を頼ったり、聞くことを諦めてしまっていた参加者でしたが、この6日間で驚くほど積極的になり、今では自分たちで何でもできてしまい、気付くと自分たちでお店に行ったり何でも自分で聞けているので、少し寂しく感じてしまうこともあります(笑)

 

前回の報告では現地校訪問の様子をお伝えしましたが、思い起こせばあの現地校訪問の時から参加者の表情が変わってきたように感じます。やっぱり、現地の子供達と心を通わせたことは参加者にとって大きな喜びと、自信になったのかもしれません♪

 

ホームステイ先でもみんな楽しく過ごしています。もちろん、最初の頃は言いたいことを伝えるのに消極的だったり、言わずに諦めてしまうこともありましたが、子供達に言いたいこと、困っていることを聞いて、それらを自分たちで伝えさせたところホストファミリーも気持ちが分かり、お互い笑顔になることを経験できました。今では心からホームステイを満喫しているようです (^^)

みんなよく頑張っています。

 

8月22日(水)は世界遺産のキュランダに行ってきました♪

天気は小雨が降っていましたが、参加者はそんな雨雲も吹き飛ばすくらい笑顔でした。

 

ケアンズ駅からは列車の旅(世界の車窓からでも使われた絶景を見ることができます♪)、、ですが、雨の影響で線路が濡れて馬力の少ない列車では頂上まで行けず、普段よりも力のある牽引列車を待つため、通常2時間でいけるキュランダ村まで何と4時間もかかったそうです!!!

 

普通なら4時間と聞くだけで疲れてしまいますが、参加者はその時間を有効に最終日の修了式で何かをしようと計画しています。(ダンス好きの参加者が有志でユニットを結成、KARAの「ミスター」を披露するとか!)

 

キュランダ村に着くと、お土産を見たり、なんとカンガルーのお肉が入ったミートパイにチャレンジしました。ジャンケンで負けた最初の参加者は、カンガルーのお肉と聞いて恐る恐る口に入れていましたが、その後、一人が「美味しいよ〜☆」と言うと、みんな美味しそうに食べていました(笑)

 

また、岡山県真庭市に息子さんが住んでいるというキャンディーショップのお店の人(写真左端)とも出会いました!青いシャツの方は、学校スタッフのナミさんのお友達とか・・・とっても明るい人でした☆

 

何千年も生きている熱帯雨林を、スカイレール(ゴンドラ)から見ると、何とも言えない気持ちになりました・・

(子供達にその気持ちが分かるのはもう少し先かな・・笑)。

でもゴンドラからの絶景にみんな大喜びでした。

 

本日、8月24日は学校の最終日でした。

午前中の授業では午後のバーベキューの話しで盛り上がり、参加者の希望も聞いてみんなで買い物に行くことに!! ソーセージにステーキなどたくさん買って、みんなでとっても楽しい午後を過ごしたようです。あまりの盛り上がりと天気が良く、ラグーン(プール)で泳ぐのに夢中で、せっかく練習をしていた踊りは披露できなかったとか(笑)

 

明日は、グレートバリアリーフ(世界遺産)に浮かぶグリーン島に行ってきます。伝言板でのご報告はここまでになりますが、帰国してからの参加者それぞれからのたくさんのお土産話を楽しみにしていてくださいね☆

 

この研修旅行が、これからの参加者の英語に対するモチベーションに繋がると参加者の表情を見て感じています。

 

予定通り、8月26日に帰国します。関西空港、神戸空港へのお迎えよろしくお願いします!

このコースの他の記事はこちら

ページトップへ